在宅ワークについて考える総合サイト

>

クリエイター職とは

在宅ワークの利点

在宅ワークの利点は何と言っても「時間が自由になる」ことです。
好きな時間に仕事をして、好きに休憩を取ることができます。
鼻歌を歌いながら仕事をしてもいいですし、休憩中に本を読むのも自由です。
気分が乗らない日は仕事をしないということもできます。
発注主とは契約上対等ですので、上司に気を使う必要もありません。
毎日混雑した電車の中で自分の場所を必死に確保しなくてもよくなります。
まとめると、在宅ワークには以下のような利点があります。
・自分に合った仕事空間をつくることで、リラックスして仕事ができる
・自分の都合の良いときに働くことができるので、スケジュールが自由にとれる
・仕事をするためにクライアントとだけ連絡すればよい

在宅ワークという選択肢

話は変わりますが、「定年まで会社に勤めていれば老後も安心」という時代ではなくなってきました。
収入が少ないことが理由で共働きを選択する家庭も増えています。
家庭教育の機会が減り、学校教育に子供の教育をすべて委託する状況にもなりつつあります。
この環境が正常かどうかの議論は他の記事に任せることにしますが、国も1億総活躍社会を推進しています。
週休三日制を導入している企業は10%に達しようとしています。
これは、初めに述べた「定年まで会社に…」ということの裏返しでもあります。
つまり会社が家庭の収入の面倒を見てくれなくなっているのです。
「休みの三日で別の手段で稼いでくださいね」という見方もできます。
従来の働き方が変わっていく中で、クリエイターならではの在宅ワークという選択肢も考えられます。


この記事をシェアする