在宅ワークについて考える総合サイト

>

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリット

自分のライフスタイルを活かした働きができる点こそ、在宅ワークの持つ大きな魅力です。魅力満載の在宅ワークですが、実際には欠点もいくつか存在します。
すべてを自分で決められる分、すべてを自分で管理しなければなりません。
会社が給与から源泉徴収をしてくれませんので、自分で確定申告をして納税しなければなりません。
クライアントと直接交渉しなければなりません。
仕事を安定して受けられないかもしれません。
一度失敗するとだれもフォローしてくれません。
まとめると、在宅ワークのデメリットは以下の通りです。
・自分でクライアントと交渉して仕事をとらなければならない
・安定して稼ぐことができるようになるまでが大変
・納期や守秘義務などの管理を自分でしなければならず、自己管理能力が必要
・成長し続けることが重要

在宅ワークで大切なこと

在宅ワークではすべてを自分で管理しなければなりません。
ついうっかりでも、なにかをやらかしてしまうと、そのクライアントとは二度と取引ができなくなるかもしれません。
少なくとも信用は落ちます。
また、自分のスキルをお金にすることになりますので、常に自分の成長に時間を割くようにしなければなりません。
そうしないと、今以上の仕事は受注できませんし、収入も増えません。
自分のために如何に時間を使うかが大切になります。
自分の成長のためには惜しみなく時間とお金を使い、使った時間とお金以上の金額を稼ぐ、というサイクルを確立することが重要です。
そんななかでも、クライアントとのやりとりや納期をしっかりと遵守することが大切です。
油断すると、会社勤め以上にただこなすだけの生活になりかねませんので注意しましょう。


この記事をシェアする