在宅ワークについて考える総合サイト

>

フリーランスの仕事

大きな仕事か小さな仕事か

在宅で仕事をするクリエイターは個人事業主です。
すべてを自分で判断して、自分で交渉して、仕事をしなければなりません。
つまり「一人でできる規模の仕事しかできない」ということです。
クリエイター職の中には「ゲームクリエイター」や「プログラマー」もありますね。
プログラミングなどは通常、メンバーで行うものです。
良い言い方ではありませんが、一人で作れるアプリケーションなど、たかが知れています。
発注する側もそれを承知していて、フリーランサーに発注します。
つまり大規模な案件はできないということになります。
ある程度のスキルを持っている方であれば、フリーランサーになることは難しくありませんし、ある程度を稼ぐことはできます。
会社に雇われている以上の収入を稼ぐことも可能でしょうが、小さい案件を素早く数多くこなすことになります。

成長し続ける

受注主がフリーランサーに発注するのは(言い方を選ばなければ)ある程度どうでもいい仕事です。
その仕事によって重大な責任が発生する危険性があるものは、昔から取引してきてよほど信頼できる方か、責任を取ることができる会社に発注します。
発注主とフリーランサーは対等に契約して仕事をしますので、発注主がフリーランサーの成長を促す義務はありません。
結果、フリーランサーは無難な仕事ばかりをこなして、成長しなくなってしまいます。
もし一度でも仕事がこなせなければ、二度と発注主は仕事をくれなくなってしまうからです。
スキルが必要な仕事にもかかわらず、成長することをやめて安牌ばかりを切りがちになります。
フリーランサーが最も気を付けなければならないのは「成長し続けること」を胸に刻んでおくことでしょう。


この記事をシェアする